腰痛に少しでも悩んでいるなら是非ご覧ください。

日々の生活習慣を改善したら腰痛が治った

腰は体重を支えて上半身のバランスを保つなど、とても重要な役割を担っています。同時に、腰には大きな負担もかかるので、痛みがでやすいのです。腰痛を治すには、どのようなことに注意すればよいのかみてみましょう。

 

姿勢を正す

物を持つ、曲げ伸ばしするなど、大小様々な動作が腰に負荷をかけています。一つ一つは小さな動きでも、蓄積されて負担が大きくなると痛みが出てきます。普段から背筋を伸ばして、正しい姿勢を身につけることで腰の負担を軽減しましょう。

 

同じ姿勢を続けない

正しい姿勢であっても、同じ姿勢のままでいると腰の筋肉が緊張し、硬くなります。硬くなると血流が悪くなり腰痛の原因になるので、事務作業や運転などの座り仕事、または立ち仕事など同じ姿勢が30分位続いたら、動くなど違う姿勢をとるようにしましょう。

 

運動する

ストレッチ、筋力アップ、有酸素運動などを取り入れて筋肉を鍛えましょう。運動することで血流が良くなり、免疫力が向上します。また、ストレス解消にも役立ちます。

 

正しい食事

暴飲暴食は肥満の原因だけではなく内臓の病気を引き起こすこともあり、腰痛の原因になることもあります。栄養バランスのとれた3回の食事を適量摂ることで、腰痛対策に繋がります。

 

ストレスをためない

意外に思うかもしれませんが、原因不明の腰痛にはストレスなどによる「心因性腰痛症」も多いのです。ストレスを溜め込まないようにゆったりする時間も大切です。

 

体を温める

腰回りが冷えると筋肉が硬くなり腰痛の原因になります。腰を温め、冷たいものも飲み過ぎないように注意しましょう。

 

他には「良い睡眠」も大切です。就寝前は読書などをしてゆっくり休みましょう。